アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)


ブラジルの人気作家、パウロ・コエーリョ。

彼の作風の魅力は、

どれも哲学や宗教色が濃いところ。


アルケミストは羊飼い少年サンチェゴの宝探しの旅物語。

色彩豊かに描かれたファンタジックな冒険物語に

神秘主義や神聖哲学がちりばめられています。


私は、無宗教だけど

Something Great”偉大なる何かの導き”

を信じています。


この導きを、時に人は神と呼び

この物語では”大いなる魂”と呼んでいます。


宇宙の真理、

現代人にも通じる人生哲学が満載です。


自分なりの錬金術、発見できるかも。。。



ハンドメイドジュエリー&ハンドメイドアクセサリーハンドメイドバック輸入雑貨 のお店ronotico-shop
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。