FC2ブログ

リストのピアノ曲は、高度な演奏技術を必要とするため

これを得意とするピアニストは

リヒテル、シフラといったいずれも

つわ者のピアニストばかり。


少し前に

フジコ・ヘミングの奇蹟のカンパネラが話題になりました。

奇蹟のカンパネラ

奇蹟のカンパネラ


彼女のピアノは独特の世界観で

ゆったりとしたテンポで情景豊かに奏でる叙情派

魂の演奏が聴くものの心に響く

非凡な彼女の人生そのものが描かれている様です。


もう一人、私のお気に入りは、アンドレ・ワッツ。

リスト:ラ・カンパネラ(ピアノ名曲集)

リスト:ラ・カンパネラ(ピアノ名曲集)


ワッツのピアノは叙情派とは対極に

澄みきった繊細で軽やかな音色と男性ならではのパワー

隅々にわたる研ぎすまされた完璧な世界。。。



どちらも素晴らしい。


ラ・カンパネッラに陶酔し

エチュードため息で癒されて。。。



私のような凡人は、

天才肌の人々を知る度に

郡を抜く才能というものに憧れてしまいます。。。


才能というのは、興味と情熱

日々の努力をおしまず

精進した人にのみ与えられる賞賛なのでしょう。


私も、日々の努力で。。。


でも、ショパンは7歳でもう作曲してたのよね~・・・



ハンドメイドジュエリー&ハンドメイドアクセサリーハンドメイドバック輸入雑貨 のお店ronotico-shop
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。